ちょっと買いたい物があって、横浜まで行きたいなと思っていたんですが、でも横浜駅近くに子供が遊べる公園とか屋内施設って無いんだよなぁと、何気なくGoogle先生と雑談していたら、お!っと見つけたのが、横浜ベイクォーターにあるダッドウェイ プレイスタジオ(DADWAY PLAYSTUDIO)でした。

dadway-pkaystudio_02

このダッドウェイ プレイスタジオは、2016年4月にオープンしたまだ新しい施設です。もう半年以上たってますが、全然知らなかった。(^^;

横浜ベイクォーターへ

横浜駅が通勤経路から外れて久しく、お休みの日も子供の遊び場が無かったので、本当に横浜駅で降りるのは久しぶりです。ベイクォーターもいつ以来だろ。

今回はそごうを経由せずに、横浜駅の北改札を出て、直接ベイクォーターへ。

ダッドウェイ プレイスタジオは4階にあります。4階のビル内のフロアは、スマイルキッズステーションと名付けられていて、子供向けのショップが集まっています。入り口らかこんなかわいらしくなっています。

dadway-pkaystudio_01

木のぬくもりで落ち着いた感じの施設です

フロアの入り口を入って、(フロア自体それほど広くないので)すぐに正面にそれらしき施設が見えてきました。

dadway-pkaystudio_02

キドキドのような大型遊具があって、子供達が走り回って遊ぶような施設を想像していましたが、ここはそういうコンセプトではないようですね。 写真の通り、木の遊具が多く全体的に落ち着いた雰囲気がいい感じです。

dadway-pkaystudio_11

反対側かのフロアの様子。木製の電車のおもちゃの設備が大きいですね。

dadway-pkaystudio_03

手前は木のボールプールです。

dadway-pkaystudio_04

この施設は木のおもちゃが多いです

dadway-pkaystudio_06

dadway-pkaystudio_07

dadway-pkaystudio_08

なかなか様になっています。(^^)

dadway-pkaystudio_24

dadway-pkaystudio_09

dadway-pkaystudio_23

ごっこエリアでお買い物

dadway-pkaystudio_25

こうやって、しばらくママを相手にお店屋さんごっこをやってました。

dadway-pkaystudio_17

dadway-pkaystudio_14

紙アプリ ダイナソー

フロアの奥に、「ぬりえ」で描いた恐竜たちを取り込んで、画面のなかの草原を走り回るというアトラクションがあります。ただし、別料金で15分500円とのこと。今回はチャレンジは見送りました。

dadway-pkaystudio_26

中央の料金カウンターの反対側には、2歳向けのエリアもあります。

まだ、それほど知名度がないのか、土曜日のお昼くらいに行ったんですが、それほど混んではいませんでした。 それにしても、横浜駅の近くのこういう子供向けの遊び場が出来たのはうれしいですね。これで、少し横浜に遊びに行く機会が多くなりそうです。

【DADWAY PLAY STUDIO】の情報

・住所

〒221-0056 横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター4F
「横浜駅きた東口」直結 ベイクォーターウォークで徒歩3分
「横浜駅東口」からそごう2階経由で徒歩7分

・ご利用料金

こども(1名) 最初の30分:¥600(税込) 延長 / 10分ご ¥100(税込)
おとな(1名) 最初の30分:¥400(税込) 延長 / 無料

平日ワンデイパス
こども:¥1,200(税込) おとな:¥400(税込)

・営業時間

11:00-20:00 最終入場受付 19:30
定休日無し(休館日は施設に準ずる)

・公式HP

http://www.dadway-playstudio.jp/