レンジで簡単に調理する系の調理器具って色々なものが出てますよね。じつは今までそれほど興味はなかったんですが、ダイソーに売っていたパスタをゆでるやつを見ながら、これはもしかして、単身赴任者の味方か?と思っていると、ママが使ってみたいというので、とりあえず買ってママが使ってみました。

それで、「ちゃんとできたよー。よかったよー!」ということだったので、それならということで、自分はアマゾンで((^^;)他にも良さそうなものといっしょに買ってみました。

なお、値段が安いこともあって、アマゾンでは他の商品と一緒じゃないと買えないものもあるので注意が必要です。

レンジで簡単調理器具

買ったのは、上の写真のような、

  • レンジでパスタ
  • レンジでゆでたまご
  • 新潟産のラーメンどんぶり

です。

レンジでパスタ

まずは、レンジで簡単調理の定番、レンジでパスタです。

使い方は本当に簡単。まずは、容器に書かれている線まで水を入れて、塩をひとつまみいれます。

レンジでパスタ-01

ふたに穴が空いていて、一人分のパスタの分量を量れるようになっています。。。。が、これで分量を増やしたり減らしたり調整するのは、不器用なのかパスタをそろえて穴に入れるのは、なかなか面倒ですね。(^^;

はじめから小分けになっているやつか、クッキングスケールではかってしまった方がいいかも。

レンジでパスタ-03

あとは、ふたを閉めてレンジに入れるのかと思ったら、ふたは使わずそのままレンジにいれて、500wの一人分で、パスタに記載のゆでる時間+5分です。

レンジでパスタ-05

普通のパスタだと、ゆで時間は7分くらいだと思うので、これを使って一人分のパスタをレンジで作る場合は、7分+5分=12分になります。

ちょっと時間はかかりますが、後は待っているだけですからね。

レンジでパスタ-06

チン!っとなったら、ここでふたの出番。ふたをして、ふたの端に格子状の穴が空いているのでそこからお湯を捨てます。

レンジでパスタ-08

後はお皿に出して、市販のパスタソースなんかを混ぜ合わせればできあがり。

パスタの堅さに関しては、自分的には、標準的な時間でちょうどいいですが、好みによっては、最初は試行錯誤が必要かもしれませんね。

レンジでパスタ-09

ezegg レンジでゆでたまご

次はゆでたまご。 よくお弁当に入れていくので買ってみました。

レンジでゆでたまご-01

金属の内張の付いた結構がっしりしたフタの卵形の容器です。

レンジでゆでたまご-02

プラスチックの容器に水を入れて、その上に卵をのせます。

レンジでゆでたまご-03

あとは、ふたをしてレンジでチンするだけ。

500wで10~11分。 レンジ+その後の余熱を利用するエコモードと呼ばれる調理方では、レンジ6分+余熱6分です。

うちの場合、もっぱらエコモードですが、標準より少し長めじゃないと半熟ですね。

結構蒸気が出るので、チンした後はレンジの中にすこし水滴が付いています。

レンジでゆでたまご-05

曙産業 イージーエッグシリーズ
「ezegg レンジでゆでたまご1個用(ホワイト)」
 商品紹介ページ ⇒ http://www.akebono-sa.co.jp/category_114.html

新潟産のラーメンどんぶり

おやつとか小腹が空いたときとかじゃなくて、食事にとなると、インスタントラーメンはちょっと量が足りない感じですよね。具が無いというのもあれだし。

これは、調理例をみると野菜を一緒にのっけてチンと出来るみたいなので買ってみました。

ラーメンどんぶり-01

これも作り方は簡単です。

まずは専用の容器にインスタントラーメンの調理方法で指定された量の水を入れてインスタントラーメンを入れます。 スープ類はできあがってから。

ラーメンどんぶり-03

今回は、スーパーで買ってきた炒め物用のカット野菜を、一袋全部使うと多いので、半分位をラーメンの上にばさぁ。

ラーメンどんぶり-04

後は、ふたをしてレンジでチン。600wで7分、500wで8分です。レンジの種類や好みによっても違ってくると思いますが、個人的な好みだと、この時間だとちょっと柔らかめかな。

ラーメンどんぶり-05

写真ではわかりにくいかもしれませんが、野菜はちゃんとしんなりしています。

後は、インスタントラーメンに付属のスープ等を入れるだけ。

野菜もちょうどいいくらいのゆで具合です。野菜も結構な量なので、これだけでお腹いっぱいになりますよ。