ラスポテト(みたいなの)について、過去にいくつか記事を書いてますが、本物のラスポテトは機械から「むにゅ~」とポテトを押し出して、そのまま鍋に落とします。

やっぱり、この「むにゅ~」には憧れます。(^^)

通販で検索してみると、ラスポテトの素と一緒にポテトマッシャーのセットで売っているのを見つけました。

このポテトマッシャーは押し出す穴がフライドポテトサイズで太いようです。とりあえず、ラスポテトの素はいらないので、単体で売っていないかなと、さらに検索したところ、「T 18-8 ポテトマッシャー(竹越工業)」というのを見つけました。

同じものかはわからないけど、少なくとも、普通の細かい穴の他、フライドポテトサイズの穴のものものもついています。

そんなこんなで、我慢しきれずに、早速注文!

ポテトマッシャー

希望の穴のプレートを入れ替えて使うタイプのものです。
なんか、シェフになった気分ですね。( ^ω^ )

しかし、そんなわくわく感も長くは続きませんでした。

練ったポテトをセットして、「むにゅ」「あれ?」「ふぬぅぅぅぅっ。。(顔はタコさん状態)」結果的には、顔をタコさん状態にして押し出そうとしてもチョロッとしか押し出されない状態。押し出されたポテトもボロボロで手でつかむそばから崩れていくので、とても使える状態ではありません。(泣)

ポテトの水分量が少ないので、こういう押し出すのは無理みたいです。かといって、水分量を増やすと揚げてるそばから溶けてしまいますからね。

高い買い物でした。。。そのうち、本物のラスポテトの素を買ってみようと思うので、その時にもう一度使ってみるつもりです。

なお、細かい穴のもに替えて、ジャガイモを「むにゅ~」とすると快調にマッシュポテトが出来上がりますよ。ただ、ママに言わせると、家で作るマッシュポテトに使うには大きすぎるとのこと。。。というわけで、残念ながら、今は戸棚の中で静かに出番を待っている状況です。(苦笑)