曲がる球が打ちたい!

テニスの対外試合をやりはじめると、相手がぐいーんと曲がる球を打ってくる人がいて、これ、自分もやりたいなーって思いませんでしたか?

Miiveresでも、たまに質問をしている人を見かけます。

やり方は簡単!まずはこちら。

やり方は、ホームを押して出てくる説明書にもさりげなく書いてありますが、任天堂のホームページの 「うごく社長が訊く『Wii Sports Club』」「4.よりリアルなテニスに」に、動画で打ち方が説明されているので、これがわかりやすくて必見だと思います。

大きく曲げるのも基本的には同じ!

対外試合をしていると、ものすごく大きくまがるスライスとか、コート外から曲がって入ってくるのを打ってくる人がいます。

これも、基本的にやり方は同じでで、この曲がり方は、結局、コントローラの回転量によるようです。 どちらかというと、コントローラをひねりながら打ち抜くより、手首のひねりだけで打った方が大きく曲がりやすいみたい。

あと、自分は、普通は上の動画に出ているようにコントローラを横から握っていますが、ゆるーい球とか余裕がある場合は、上からつかむように握り直してます。やってみるとわかると思いますが、この方が回転量が大きくなります。

ただ、この握り方だと、フォアのスライス以外は打ちにくいので、余裕があるときにしかやってません。

出来ても安心するのはまだ早い!

スライスは、級や段が若いうちは、特に大きく曲がるやつは打ち返せない人が多いんですが、上段者は、普通に打ち返してきます。というか、これの打ち合いなので、ちゃんと他のトップスピンや前衛を回避するためのボレーも、しっかり練習しておかないとだめですよー。

上段者は、いろいろなパターンを組み合わせて、相手のタイミングを外してミスを誘わないと得点できません。

ちなみに、自分はまだ左右の打ち分けができませーん。(でも10段になってしまいましたが)

説明書では、打つタイミングって書いてあるんですが、スライス系の速い球とか、クロスで打たれた球とか、全然できません。結果、相手の前衛の餌食になります。 これが、今現在の課題なんですよねー。