安産祈願に行こう!

妻がが妊娠5ヶ月目に入ったので、安産祈願のために、鎌倉の大巧寺(だいぎょうぎ)に行ってきました。ここは、”おんめさま”といわれているそうですね。

大巧寺・門

この日は、仏滅ですけど、一応、戌の日です。週末の戌の日って貴重。。。

鎌倉駅を降りて、大巧寺へ

場所は、鎌倉駅の東口を出てバスターミナルを突っ切って横断歩道を渡ったところにあります。駅から目と鼻の先です。

鎌倉駅に行ったことがある人なら、この交差点を知っている人も多いと思いますが、ここにお寺さんがあることに気がついていない人も結構いるんじゃないかと。自分もそうでした。

大巧寺・駅側入り口

この日、駅を出たら雪が舞っていてびっくり。空を見上げると晴れてるんですけどね。写真では分からないと思いますが、けっこう降ってたんですよ。

なお、駅側のこの門は裏門だそうです。 昔は若宮大路側に入り口を作ってはいけないという決まりがあったそうな。

ちなみに、反対側にある表側はこんな感じです。

大巧寺・表入り口

安産腹帯守授与所

門を入って、やっぱり裏から入っているなとういような通路を進んでいくと本堂が見えてきます。

大巧寺・通路

その横が安産腹帯守授与所です。受付には結構列ができていました。自分たちのあとからも続々と来て、列が伸びて行ってましたよ。

大巧寺・授与所の行列

そして緊張しながら安産御守授与所の中に入って、御守りの授与を受けました。

大巧寺・お守り授与所

大巧寺の安産祈願は、お守りセット(2,000円2,500円、腹帯も買うと4,000円5000円(2015.7.4現在))を買ってお参りをするだけで、特に祈祷とかはありません。受付の時に、住所、氏名、年齢、出産予定日を告げて、その記帳に沿って、お寺さんの方で出産予定日まで毎日お祈りしてくれます。

一組一組事務所に入って、住所とか聞いているので、一組にそれなりに時間がかかってましたねー。

大巧寺・梅2

大巧寺・梅

ドキドキの秘抄符確認

お守りセットの中に、秘抄符というのが入っているんですが、この中に折り紙が入っていて、白いかぶとだとだと男の子、赤い金魚だと女の子が生まれるという言 い伝えがあるんだとか。

大巧寺・秘抄符

でも、あくまで言い伝えであって、お寺さんが言ってるのではないので、お寺さんには特に説明が書いてあるわけではないんですよ。自分もいろいろな方のブログを見て知りました。

さてさて、うちはどうだろうとドキドキしながら開けると・・・・、白いかぶと! ということで男の子かな。(^^;

大巧寺・秘抄符

『大巧寺(だいぎょうじ)』の情報

所在地:
  〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-9-28
  TEL.0467-22-0639

時間:
  午前9時~午後5時 (安産腹帯守授与 受付時間)

拝観料:
  無し

休日:
  無し

駐車場:
  有り(12台)

撮影に関して:
  境内地内での一脚・三脚の使用不可
  本堂内の撮影不可

その他:
  境内地内での飲食禁止
  境内地への自転車乗入禁止

神奈川県鎌倉市小町1-9-28

 

『くすの木』でランチ(閉店)

# 残展ながら、閉店してしまったようです。

それで、ちょとお昼時になったので、小町通りからちょっと脇道に入ったおしゃれなレストラン『くすの木』でランチを頂きました。

くすの木・正面入り口

写真は、「精進揚げ膳」と「煮込みビーフシチュー膳」です。ちょっと出てくるのは遅めだけど、でもとっても美味しかった。

くすの木・ランチ2

くすの木・ランチ1

【くすの木】

所在地:
  神奈川県鎌倉市小町2-6-5
  0467-23-5570

営業時間:
  ランチ  11:30~15:00
  ディナー 17:30~21:00

定休日:
  木曜日

総席数:
  60席
  カウンター席あり禁煙・喫煙店内全面禁煙

ホームページ:
  食べログ ⇒ http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14001994/

神奈川県鎌倉市小町2-6-5

※ 2015.7.4 記事を全面的に見直しました。