矢口史靖監督のロボジーを見てきました。

矢口監督といえば、ウォーターボーイズとかスウィングガールズ、最近ではハッピーフライトとかがありますが、この作品も、間違いなく矢口作品っていうあの独特の雰囲気がありますね。

ロボットの中におじいさんが入っていて、まぁ着ぐるみなワケですが、あそこまでやって何でばれないの? というあたりはあんまり深く考えないで、頑固じいさんが引き起こすドタバタと、それに引きずられる落ちこぼれ開発者3人組の物語を楽しんでください。

ラストは、話の流れからどういう風にまとめるんだろうと思ったけど、終わってみるとなぁ~んだ、でありきたりだけど、見ているときは引き込まれて、個人的にはほのぼのと良かったと思います。 ★★★☆☆